Q.既婚者と知らずに関係を持ってしまった場合も、慰謝料を払わなければならない?

質問

 交際をしていた相手方の妻と名乗る人から連絡があり、不貞行為の慰謝料を請求すると言われています。相手方が既婚であると知らなかったのですが、慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?

回答

 相手方が既婚であることを知らず、また知らなかったことについて落ち度が無いと言える場合には、賠償の義務は生じません。

 不法行為による損害賠償請求をするためには、相手方に故意または過失がなければ賠償請求はできません。不貞の慰謝料請求の場合、相手が既婚であることを知っていた、または既婚であると容易に気付くことができた(のに気付かなかった)場合には、賠償の義務を負わないことになります。

 既婚であると知らなかった場合でも、たとえば相手が結婚指輪をしていた、職場の同僚で家族の話も出ていた、メールのやり取りの中で既婚と分かるような文面があった、など通常であれば既婚であるとわかってしかるべき、という場合は慰謝料の支払いを命じられることになります。


  • 一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください。離婚無料相談実施中!仙台法律事務所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1-31 山口ビル7階 022-714-8151

  • TOPへ戻る