お金に対する価値観が合わず、妻から調停を申し立てて、離婚が成立した事例

依頼者  妻(会社員)
相手方  夫(会社員)
子 供  1人
婚姻期間 約3年

事案内容

婚姻して2年後に子どもが生まれ、平穏な生活が続いていたが、夫が隠れて借金をしていいたことが発覚。以前にも借金の問題があったことは知っており、それが解決したという本人の言葉を信じて、妻は結婚した。

借金の内容についてもきちんとした説明がされないどころか、虚偽の説明があったことにより、妻は夫に対する信頼を完全に失った。

手続

調停離婚

解決内容

夫は、当初は、絶対に離婚しないという態度であったが、2回、3回と期日を重ねるうちに、妻にやり直す気持ちがないことがわかったのか、離婚届けに判を押し、協議離婚をすることができた。

本件は、もともと夫から円満調停を起こされており、夫はよりを戻したい一心で、周りの人を巻き込み、なんとか妻を説得したいという進め方をした。
それに対して、離婚調停を起こし、意思を明確にしていった結果、相手が離婚に応じることとなった。


  • 一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください。離婚無料相談実施中!仙台法律事務所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1-31 山口ビル7階 022-714-8151

  • TOPへ戻る