夫が慰謝料を500万請求されていた事案で、訴訟を提起することにより離婚が成立した事例

依頼者  夫(会社員)
相手方  妻(パート)
子 供  なし
婚姻期間 約3年

事案内容

同居した直後から、生活の中での対立や食い違いが多くなり、夫は離婚調停を申し立てたが、妻は慰謝料を500万円支払ってくれるなら離婚に応じるとの一点張りであり、話が進まず、調停は不調に終わった。

手続

裁判離婚

解決内容

別居期間が、半年程度と短く、客観的な離婚理由があまりない事案ではあったが、離婚訴訟を提起した。当初、妻は離婚したくないという方向で争っていた。
結果的には、解決金として150万円支払う事で離婚が成立した。

調停の際に500万円支払ってくれるなら、と言う言葉は、条件によっては離婚してもよいという意思表示ともとれるが、本音は離婚は絶対にしたくないために、無理な条件をあえていうこともある。

もちろん、その人の本音は、内心の問題ではあるためわからないが、①条件をつり上げるために、離婚したくないと言っているのか、②本音が離婚したくないと言っているのかは、見極める必要がある。相手の本音がどこにあるかによって、対応は変わりうるからである。


  • 一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください。離婚無料相談実施中!仙台法律事務所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1-31 山口ビル7階 022-714-8151

  • TOPへ戻る