配偶者のある男性と不貞関係を持ち、相手方の妻から損害賠償の請求を受けた事案

手続

 受任時点で相手方に弁護士が就いており、代理人同士の協議での解決

解決内容

 不貞行為があったこと自体については本人も争いが無く、損害賠償の支払いの意思はあるとのことで、その金額が問題となった事案。当初は500万円の支払いを求められていたが、不貞の相手方(夫)への求償をしない、など相手方への金銭支払い以外の条件を合意に含めることを求められたことから、金額について減額を交渉。

 最終的に、約120万円を支払うことで合意に至り、解決となった。


  • 一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください。離婚無料相談実施中!仙台法律事務所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1-31 山口ビル7階 022-714-8151

  • TOPへ戻る