家族や勤務先等に不倫のことを知られないために

photo (5)0001 不貞行為を自ら行い、相手方の配偶者などから慰謝料請求をされているような場合、請求されている慰謝料の問題そのものを解決する必要性があることはもちろん、自分自身の家族や勤務先に不貞行為の事実が発覚しないようにすることが大切です。

 家族や勤務先等にすでに発覚している場合は別ですが、現時点では発覚していない場合に、頻繁に自宅や勤務先に相手方から連絡が来ることにより、自分自身の家庭内のトラブルが生じたり、勤務先からも事実上の不利益を受けることもあるからです。

 家族や勤務先等に不貞行為の事実を知られないようにするためには、弁護士に交渉の代理を依頼するのが一つの方法です。
 これは、弁護士に交渉や訴訟の対応を任せることにより、今後は弁護士に連絡するよう先方に求めることができますので、依頼した以降は、自宅に郵便物が届いたり、電話をかけてきたりすることがなくなることが期待できます。

 したがって、周囲の方に不貞行為の事実が発覚するリスクを減らすことができます。また相手方から、家族や勤務先に不貞行為の事実を公表すると脅かされているような場合(これ自体は脅迫行為にあたります)にも、弁護士から相手方に対し、家族や勤務先には連絡しないように警告することにより、家族や勤務先に連絡がされることは回避できる可能性は高まります。(なお、自宅や勤務先に連絡しないことを完全に防ぐことはできません。)
 
 また、一般的には、あなた自身が弁護士に依頼をして、代理人として交渉をすることになると、相手方も弁護士に依頼する可能性が高まります。双方に弁護士がつけば、その後は弁護士同士の話し合いになり、相手方本人が勝手に動くことはなくなりますので、情報が外部に漏れる可能性は極めて低くなります。

 最終的な解決の際には、必要に応じて、家族や勤務先等を含む当事者以外の第三者に対して、不貞行為の事実や解決の内容を、言わない、秘密にする、口外しないということを約束する条項を入れると良いと思われます。


  • 一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください。離婚無料相談実施中!仙台法律事務所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1-31 山口ビル7階 022-714-8151

  • TOPへ戻る