家庭内暴力が行われる流れ

なぜ家庭内暴力(DV)が起こるのか? ここでは、家庭内暴力が起こるまでの流れをご説明いたします。 家庭内暴力には、一定のサイクルがあり、蓄積期、爆発期、安定期の三つの期間から構成されています。徐々にエスカレートしていくにつれ、これらの期間を循環するスピードも早まります。

以下が家庭内暴力のサイクルです。

1.蓄積期

優しかった安定期の後に些細なことで起こるようになったり、神経質になってきたりします。女性を自分の思い通りにしたい、支配下におきたいという願望が満たされないことに対してストレスを溜め、内面にストレスを蓄積している期間をさします。

2.爆発期

溜め込んだストレスが限界に達し、突然暴力を振るい始める時期です。暴力の衝動を抑えることができなくなっており非常に危険な状態です。女性の態度や行動が自分の思い通りにならないストレスを発散しており、暴力を駆使して女性を自分の思い通りに行動するように強要してきます。そして、これからも自分の思い通りにコントロールしやすいようにと恐怖心や無力感を植えつけようとするのです。

3.安定期

暴力を振るうことによりストレスが発散され、比較的精神状態が安定している期間です。急に優しい態度になり、突然プレゼントを買ってきたり、「もう二度と暴力は振るわないから」などと優しいことばをかけてきます。ストレスが発散された事により、急に態度が変わりますが、その後、次の暴力に向かってストレスを溜め込んでいく蓄積期に移行していきます。

このように、常に暴力を振るうわけではなく、蓄積期、爆発期、安定期を繰り返し循環し、家庭内暴力は続きます。

相手が優しい時期と暴力的な時期がある場合にはまずは専門家に一度ご相談ください。


  • 一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください。離婚無料相談実施中!仙台法律事務所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1-31 山口ビル7階 022-714-8151

  • TOPへ戻る