弁護士費用

離婚についての弁護士費用は次のとおりです。

*弁護士法人アルマでは、お支払いにクレジットカード利用可能ですが、ご利用できない場合もありますので、ご相談の際に支払い方法についてもご相談ください。

*カード会社との規約上、着手金のお支払いにクレジットカードを利用することはできません。

VISA、Mastercard、SAISON、JCB、American Express、Diners Club、Discover、Kitaca、Suica、PASMO、toica、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん Coineyでクレジットカード&電子マネー決済

*費用はすべて税抜きで表示しています。消費税の税率算定は、着手金や報酬金の発生した時期の税率によります。

1 相談料

初回相談 0円 1時間以内

 

二回目以降は30分ごとに5000円(税別)ですが、依頼される場合は、支払っていただいた相談料はすべて、受任後の着手金や報酬の一部に充てます。

 

・事実婚に関するご相談や離婚をともなわない養育費の相談は 初回から無料相談の範囲外となります。 1時間以内 1万円

・婚約破棄に伴う慰謝料請求等のご相談については、初回から無料相談の範囲外となります。 1時間以内 1万円

 

・離婚以外の親族間の人間関係等のトラブルについては、相談の範囲外となります。

 

 

 

 

 

 

 

 弁護士による代理交渉・調停・裁判

1 30万円(着手金が0円の場合があります

着手金0円(相手が保有する財産の分与を相手に請求できる方で,金額や回収可能性を弊事務所の弁護士が判断し相当と認めた場合。)

  *上記以外は着手金は30万円

2 報酬 得た財産分与又は減らした財産分与の10%

      得た慰謝料または減額した慰謝料の20%

      離婚そのものの報酬は、協議段階25万円,調停段階30万円,裁判段階40万円

     調停期日と裁判期日の合計が10回を超える場合は,11回目から1回あたり2万円をいただきます。

 *相手より有責配偶者の主張がなされている場合は,報酬に,協議の上20万円から50万円を付加します。

慰謝料請求のみのご依頼

請求する側   着手金 5万円(税別)

        報酬 得た慰謝料の20%(訴訟に移行した時はプラス10万円、税別)

請求された側  着手金 5万円(税別) 
        報酬 減額慰謝料の20%(訴訟に移行した時はプラス10万円、税別)

婚姻費用の分担請求

*離婚本体について一緒にご依頼の場合(離婚調停と同時に手続がなされる場合のみ)は,着手金・報酬ともに0円

*当初は離婚調停と一緒に手続きがなされ,その後,婚姻費用の請求のみが独立して手続きが進行する場合は,着手金は不要ですが,1期日あたり2万円の費用をいただきます。

養育費の請求

*離婚本体についてご一緒にご依頼の場合は,

着手金0円 
報酬金 養育費の2年分の10%(税別)

 

面接交渉

*離婚本体について一緒にご依頼の場合

着手金0円(税別)
報酬金0円(税別)

 

年金分割

*離婚本体について一緒にご依頼の場合

着手金 0円
報酬金 0円

 

親権者の指定

*離婚本体について一緒にご依頼の場合

着手金 0円

報酬金 0円

 

 


  • TOPへ戻る