共有名義の自宅建物を、親族の協力を得て事実上返済し、調停離婚が成立した事案

依頼者  妻(会社員)
相手方  夫(会社員)
子 供  なし
婚姻期間 約15年、うち同居は約1年でほとんどの期間別居。

事案内容

長年別居していた夫婦で、夫の側から妻に対し離婚調停が起こされた。妻側から相談を受け、受任。

手続

離婚調停(相手方申立て)

解決内容

離婚自体については双方ともに争いが無く、妻が住んでいた共有名義の自宅建物を妻単独名義にすることについて争い。住宅ローンの返済について、借主名義の変更には貸主が応じなかったものの、妻側が親族の協力を得て事実上返済を行うということで夫と合意、調停成立。調停離婚、財産分与として不動産の名義変更。


  • 一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください。離婚無料相談実施中!仙台法律事務所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1-31 山口ビル7階 022-714-8151

  • TOPへ戻る